--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/05/20 (Tue) 22:57
受験までの成績の流れ

空は、大手N塾のころ、最初はトップのクラスでした。
1年後、1つ下に落ちました。
その後、このままではもう1つ落ちそうだな・・・
Nの最後のころ(5年生春)は、
偏差値、4教科で50前半くらいだったでしょうか?

本人頑張ってたと思うんです。
でも伸びない。

そして、長時間の拘束、大人数の授業、
空には合わないのかも・・・

そのころ、凸凹キッズのお仲間から、
とある塾を教えていただきました。
個別と少人数クラス。
不登校児や凸凹キッズにもとても理解がありました。
空のWISC結果を見て、あまりにも的を射た回答をいただき、
転塾を決意。

空には、好きなことしかできません。
140あるIQを割り箸鉄砲と工作とIT系にしか使ってませんから。

高IQ児を持つ親が陥るのが、IQの高さでつい好成績を期待すること。
でも、IQ高い=学校の勉強ができるとは違います。

私だって後ろ髪ひかれまくることもありました。
もっとできるはず。
なぜやらないのか?
やればきっと・・・

世間のIQ伝説に惑わされちゃうんですよね。

でも、通常の思考回路と違うから高IQなんです。
その原点戻れたとき、肩の力が抜けました。

空が、空の好きなことをできる場所。
これが一番かな。

そして、ほっといたら好きなこと以外やらない子なので、
ある程度勉学の面倒見が良いところ。
じゃないと、人並みにすら追いつかないので(^-^;

高IQ、IQにとらわれないでください。
中学受験で凸凹キッズを持つ親が陥る深い深い穴です。
それを子供に期待しては、つぶしてしまいます。
才能を。
スポンサーサイト

2014/04/01 (Tue) 21:15
まず志望校選びから

まずは志望校選びから。

基本的に束縛大っ嫌いな空なので、
当初は自由な校風に惹かれていました。

そして、最初は男子校志望。

親は共学志望。
そして、親は英語に力を入れている学校を希望。

親子共通しているのは、理系に力を入れていること。

ただ、途中から変更が一点。
急に色気づいた空は、6年秋ころから急に
共学志望!

結局、第一志望は4年ころから文化祭に訪れて
気に入っていた男子校。

第二志望は、第一志望と同じくらいの偏差値の共学校。

第三志望は、希望条件を満たしてる+面倒見の良さげな中堅共学校。
(親としては、第一、第二志望は偏差値的に難しそうだったんで、
実質的に第一志望だと思っていました)

実は、この第一&第二志望と第三志望の偏差値差、15!!!
(大手中受塾Yを参考にしています)

本当は、間で「手が届きそうな学校」も受けてほしかった。
でも、空がそのレベルの学校で親が提案した学校、
すべて拒否したんです。
受験することすら拒否。
「もし受かったって、絶対行かない!」
そこまで言われたらねぇ。。。
受験するのもタダじゃないですから(笑)

というわけで、志望校選びも凸凹となりました~

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。