プロフィール

花里

Author:花里
発達凸凹の息子(もう中学生)と、お転婆娘(もうちょいで6年生)、&パパとの4人家族♪

スポンサードリンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/06 (Sun) 09:10
親の負の感情

発達凸凹な子供を持っていると、親も大変です。
その常人では考えられない屁理屈と態度、
子供のクセに大人びた彼ら。
つい「可愛げがない」「反抗的」にとらえられがち。
カチンと来ることもたびたび。

しょっちゅうバトルです。
そして、親子で泣きます。
それでも凸凹の子供は、相手の気持ちが
うまくわからないことも多く、親は・・・はぁ

我が家も例に漏れずバトルは日常茶飯事です。
そして、私がどう思っているか、切々と空に説明します。
そうしないと、他人の気持ち、特に悲しいとかつらいとか
そういう部分が理解しづらいことがあるようなんです。

バトルの後は、親がつらいんです。
なぜあんなひどいことを言ってしまったのか。
なぜあんなことをしてしまったのか。
後悔しても子供は意外とケロッとしてて、
それがまたイライラしたり、落ち込んだり

それでも、凸凹子供を授かったからには、
今日もバトルを乗り越えなければならんのです!
時に愚痴って、時に暴れ、時に泣いて。
凸凹じゃない子育てだって大変なのに、
そこい凸凹が加わるとさらに手がかかります。
でもこういう思いは自分だけじゃないんだって、
凸凹ちゃんがいるとみんな同じ思いなんだって
そう思えるだけでも、気分が楽になります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。