プロフィール

花里

Author:花里
発達凸凹の息子(もう中学生)と、お転婆娘(もうちょいで6年生)、&パパとの4人家族♪

スポンサードリンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/10/31 (Sat) 16:48
優等生の苦手分野

さて、そんなわけでおかしな行動をしながらも、
基本的に「聞き訳がよい」「まじめ」「男の子の割りにおとなしい」空は、
キンダー時代はとても優等生キラキラ

キンダーでは英語で過ごしてたんだけど、
耳からの記憶は抜群の空は、スピーキング絶好調おーっ
話す分野では、日本人の中では一番と言われてた。

が、やっぱり今思えば、これよね。
自分の名前すらちゃんと書けない。
最初にみんな自分の名前を習うのね。
通常、3~4歳児だって、3日も習えば名前は書けるようになる。
日本人の名前は、せいぜいアルファベット5文字前後の子が多いからね。
しかし、空は名前がなかなか書けない。
とうとうキンダーで泣いてしまったことがあった。
そのうち書けるようになったけど、次はまた「書きLD」の難題が。

字が下手。
英語って、日本語と違って、1単語ごとにすこし間を空けるでしょ??
あれができない。
理解してていてもできないのか、理解できてないのかわかんないけど、
いまだにどこまでが1単語かわかりにくい文章を書く。
そして、これまた英語特有なんだけど、高さがずれる字があるでしょ??
小文字の「g」「y」「j」とかね。
あと大文字は1段背が高く大きく書くとか。
これもバラバラ。
4本線のラインがあるノートで一生懸命練習するんだけど、
ラインのないものに書くと、だめ。
キンダーではラインが1本(4本のでいうと、下から2番目にあたる)のみ。
このガイドラインだけでは、踊る踊る、字が踊るjumee☆DaNcE1jumee☆DaNcE2

そして、それは日本語になっても続くのでした・・・
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。