プロフィール

花里

Author:花里
発達凸凹の息子(もう中学生)と、お転婆娘(もうちょいで6年生)、&パパとの4人家族♪

スポンサードリンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/04 (Mon) 09:55
原発とはだしのゲン

空花、地震で日本が大変だとか、原発って怖いんだとか
なんとなくニュースで知っても、それがどう怖いのか
なぜ怖いのか、何がどう大変なのか、ピンときてなかった様子。

空は以前「はだしのゲン」を読んだことがあったので、

あのね、はだしのゲンで原爆で広島がものすごいことになったの、
知ってるよね?
マンガ読んで怖かったよね?
もしも、原発がそうなったら、あれの何倍もの威力なんだよ。
広島よりもっと広い範囲で、影響が出るんだよ。
日本が終わってしまうよ。
だから今、命をかけて原発を何とかしようとしてくれてる人が
大勢いるんだよ。

そう言うと、「はだしのゲンの何倍もの威力」が
相当空のイメージを現実化したらしく、
1分間くらい鳩が豆鉄砲なキョトンとした表情をして、
「そうなの??ほんとう??」
と驚いていました。

そして、池上さんのスペシャルで少し学び、
今そのために大勢の方が頑張っていることを知りました。

空は経験してないことはイメージがわきにくいのかもしれません。
知らないことは調べたいし、自分で知識として持ったものは
いつでも引き出すことが出来るけど。
そうでないものは、深く考えられないようです。

「はだしのゲン」は、1年生のときに図書館で借りて読みました。
正直、大人でも目を背けたい場面も多く、果たして空にわかるのか?
(当時はまだWISCを受けてなかったし、普通の1年生と思ってました)
と思ってましたが、しっかり最後まで集中して読みました。
これで戦争の恐ろしさを知ったのです。
その後、戦争の話題には興味を持ち、
「何が理由か知らないけど、戦争をしていい言い訳にならない」
という考えは持っているようです。

このマンガのおかげで、原発の恐ろしさ、そしてその原因になった
地震と津波の恐ろしさも実感できたようです。
以前から、知識として地震や津波のことは本やテレビで知ってましたが、
それ以上のことを知ることができたと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。